映画鑑賞は映画館・動画配信サービス?メリットデメリットは?

映画鑑賞をするのなら、映画館と動画配信サービスでは、実際にどちらが良いのでしょうか。

映画館での映画鑑賞のメリットやデメリット、動画配信サービスでの映画鑑賞のメリットやデメリットを徹底検証。

実際にどちらで視聴したほうが良いのかを解説していますので、動画配信サービスと映画館で悩んでいる人は、是非参考にしてみてください。

映画館で映画鑑賞をするメリットとは?

映画館でしか映画を見たくないという人もいるでしょうが、やはり映画館で映画鑑賞を行うメリットは沢山あります。

まずは最も公開時期が早く、旬のタイミングで見たい映画を見れること。

最近はネタバレサイトやネット上に様々な口コミや評判がありますので、作品を見る前にその情報を見てしまい、作品に入り込めなかったなんてことも。

そういった部分を排除できますし、何よりも映画館の大画面と音響の良さで、自分のみたい映画を見れるのは、非常に満足度が高いことでしょう。

最近は3Dを超え4D映画館などもあり、水しぶきや椅子が動くなどまさにその世界に自分がいるのかという錯覚を覚えるような演出も。

そういった総合的に映画を楽しめること、ひとつのエンターテイメントとして映画を楽しむという点を考えると、映画館での映画鑑賞は非常におすすめの方法です。

やはり映画館の大画面にかなう迫力のある映像は自宅では再現不可能なので、映画が趣味な人であれば、特別な作品ほど何回も映画館で鑑賞するでしょう。

映画館で映画鑑賞をするデメリットとは?

映画館で映画鑑賞をする一番のデメリットは、やはり費用的な部分ではないでしょうか。

一般的な映画鑑賞にかかる費用は、1作品あたり1800円と少し高額。最近は、学生割・シニア割・時間帯割・カップル割などもありますが、それでも1000円以上は必要です。

もしあなたの趣味が週に1本の映画を見ることなら、それだけでも7200円も毎月かかることに。

そして映画館でつい、ポップコーンやドリンクを購入してしまえば、毎月10000円以上もの費用が必要になるでしょう。

さらに映画館に行くまでの交通費や時間、映画館の混雑状況なども気になるところですし、マナーが悪い人がいると、その声や動きが邪魔になって作品に集中できないことも。

特に子連れで見るような作品の場合は、子供が騒いだりグズったりすることもあり、少しイラッとすることもあるかもしれません。

また冬の時期は風邪やインフルエンザなどを発症しているのに、映画鑑賞をするような人もおり、そこから二次感染してしまう可能性もあります。

このようなデメリットがあっても、映画館で映画鑑賞を優先したいという気持ちも分かりますが、最近の動画配信サービスは結構いい感じかもしれませんよ。

動画配信サービスで映画鑑賞をするメリットとは?

動画配信サービス(VOD)で映画鑑賞をするメリットは、すで公開されている作品であれば、いつでもどこでもあなたが見たいタイミングで視聴できること。

しかもダウンロード形式での視聴もできるようになっていますので、そのお陰で移動時のネット環境が悪い状態でもオフライン視聴が可能に。

スマホやタブレットさえあれば、どこでも好きな映画を見れるというのは、非常にメリットがあることだと思います。

移動時間も不要ですし、交通費も不要で自宅が映画館に早変わりという感じなので、動画配信サービスはあなたのライフスタイルに合わせて映画鑑賞ができるのは嬉しいポイントかも。

また映画館での映画鑑賞ではデメリットだった費用的な部分も、動画配信サービスならかなりお得に映画を見ることが可能。

私も一押しのHuluでは、月額1000円程度で見放題ですから、映画館半分ほどのコストで好きな映画を見れるのはメリットでしょう。

この価格ならレンタルDVDを借りるよりも安いですし、つまらなければ飛ばして他の作品を見れば良いというのもおすすめ。

映画館ではトイレが近くてそこに悩むという人も、動画配信サービスなら、いつでも停止・再生が可能なので、ビールやワインを見ながら鑑賞することも可能です。

最近は新作のDVDの発売と同時に動画配信サービスで、映画鑑賞することができるところもありますので、わざわざ高い費用を支払う必要もありません。

動画配信サービスで映画鑑賞をするデメリットとは?

動画配信サービスで映画鑑賞をするデメリットは、やはり画面サイズの小ささと音響の問題。

移動中ならスマホやタブレットでも十分かもしれませんが、やはりアクション映画やVFXなどを多用している作品なら、映画館の迫力ある画面で見たいところ。

音響に関しては、イヤホンで聞くことで映画館よりも集中できる場合もありますので、ここは微妙なところ。ただ音源ベースで考えると映画館には様々な部分でかないません。

また通常のストリーミング形式での視聴であれば、必ずインターネットへの接続が基本だという部分もデメリットかも。

移動中にストリーミング形式で視聴すると、トンネルや山間部などの電波が悪い環境では、映像や音声が途切れてしまうこともありますし、ギガ死やパケ死のきっかけになることも。

ネット回線の環境の影響を受けることも、動画配信サービスのデメリットですので、定額制やWifiでの接続で視聴するようにしましょう。

映画鑑賞は映画館と動画配信サービスではどちらが良いのか?

この点については、どちらが良いと明確に判断することは難しいでしょう。

忙しい人やお得に映画を見たい人には、動画配信サービスがおすすめですし、趣味が映画という人であれば、映画館+動画配信サービスという組み合わせもあります。

だからどっちが良いと決めつけるのではなく、あなたの状態に合わせて動画配信サービスと映画館での映画鑑賞を選ぶべき。

映画館での映画デートもあるでしょうし、家でマッタリ映画鑑賞をしたいタイミングもあるでしょう。

動画配信サービスの良いところは、それぞれに無料の視聴期間があるので、金欠でも映画を楽しむことができるという点。

いくつもの動画配信サービスをマラソンのように、次から次へと無料期間のみで続けていくと、実は半年くらいは無料で映画を見れるなんて裏技も。

そういう使い方もできますので、映画館も動画配信サービスもどちらもおすすめだということは間違いないと思いますよ。

おすすめ動画配信サービス徹底比較ランキングを紹介!

これから動画配信サービスを契約する人に特にオススメなサイトを紹介、この3つの動画配信サービスならあなたの希望に合わせた動画視聴ができますし、満足度が高いと人気のものを厳選しています。

1位 U-NEXTなら新作映画がDVDと同じタイミングで視聴可能!

U-NEXTの公式サイトはこちら

U-NEXT(ユーネクスト)は月額1990円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題、さらに70以上の雑誌も読み放題のおまけ付き!PCやスマホ以外のデバイスにも対応し、120000以上もの動画が視聴できる本当に人気の動画配信サービス。毎月1200円分のポイントが付与されるので、新作映画もそれで視聴可能。初回限定の31日間のお試し期間もあるので、まずは無料視聴すると良いかも。新作映画を見たいなら、おすすめですよ!

>>U-NEXTの公式サイトはこちら

2位Huluなら全ての動画が見放題だから料金面の不安なし!

Huluの公式サイトはこちら

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題!初回限定の14日間のお試し期間もあるので、まずは無料視聴すると良いかも。PCやスマホ以外のデバイスにも対応し、コンビニ払いも可能なので本当に人気。最近は日テレ系の動画もどんどん追加されていますし、追加課金の心配もないので、安心して利用することができる動画配信サービスですよ。

>>Huluの公式サイトはこちら

3位 dTVは最もコスパの良い動画配信サービスで、国内No1の会員数!

dTVの公式サイトはこちら

dTVはドコモが運営している動画配信サービスで、月額500円(税抜)という破格の値段が一番のポイント。映画、ドラマ、アニメなどが見放題、さらに80以上の雑誌も読み放題のおまけ付き!国内での作品数・会員数 No.1の実績も話題の動画配信サービス。初回限定の31日間のお試し期間もあるので、まずは無料視聴すると良いかも。PCやスマホ以外のデバイスにも対応し、ドコモユーザー以外でも契約できますよ。少しでもお手軽に動画配信サービスを利用したい人に人気です。

>>dTVの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする