動画配信サービスは画質が悪い?4K対応でも実際の解像度は?

動画配信サービスは思ったよりも綺麗ではなく、画質が悪いと評判になっているところもあるそうです。

4K対応やHD画質でも実際の解像度がどの程度なのかを紹介しますので、動画配信サービスごとの詳細をチェックしてみてください。

実際の比較情報がわかれば、綺麗な画質で映画や作品を見たい人なら、選ぶべきサービスが変わってくるかもしれませんね。

動画配信サービス(VOD)の最高画質は4Kだけど実際にはどうなの?

現時点で動画配信サービスの最高画質は4K(2160p)だと言われていますが、実際にはそこまで高画質で全ての動画を楽しむことができるサービスはないでしょう。

一般的に言われている画質は、

  • 4K(2160p):dTV、U-NEXT、Netflix(プレミアム)
  • フルHD(1080p):Hulu、DMM、Netflix(スタンダード)
  • HD(720p):TSUTAYA TV、Amazon prime
  • SD(480p):Netflix(ベーシック)

しかし実際に通常の動画を見る際には、このように変化すると言われていますので、あなたが思っているよりも画質が悪いかも。

  • HD(720p)〜フルHD(1080p):U-NEXT、Hulu、DMM、Netflix(プレミアム、スタンダード)
  • SD(480p)〜HD(720p):TSUTAYA TV、dTV、Amazon prime
  • SD(480p):Netflix(ベーシック)

しかもTVで見た場合とモバイル端末で見た場合など、使用するデバイスによっても画質が異なってきますので、そういったことは最小に理解しておくべきでしょう。

一般的な画質の違いを簡単に解説します。

HD画質やSD画質と言われても、それがどこまで綺麗なのかということは、あまりイメージがわかない人も多いと思いますので、もう少しわかりやすく説明すると・・・

まず1080pというのは、縦のドット(点の部分)が1080個あるという意味で、数値が高い方が細かい表現ができますので、綺麗で高画質だと言えます。

しかしフルHDのTVでは、4K画質(2160p)に対応することができませんので、4K画質で楽しむことはできません。

  • 4K画質:2160pで来年から放送が始まる829万画素
  • フルHD画質:1080pでBS放送やWOWOWの207万画素
  • 地上デジタル放送:720p〜1080pの間で156万画素
  • CS放送:SD画質〜地デジの間の35万〜156万画素
  • HD画質:720pでハイビジョン放送の92万画素
  • SD画質:480pで標準的なDVDの35万画素

動画配信サービス(VOD)のHD画質が悪いと言われる理由とは?

普通に考えると、フルHD画質やHD画質であれば、綺麗な映像を楽しむことができますが、先ほども紹介したように、実際の視聴時の画質は低下しがち。

なぜ動画配信サービスの画質は設定よりも低くなるのかといえば、ビットレートやアップスケーリングの問題があるから。

この部分をしっかり理解している人であれば、HD画質だから綺麗な映像を楽しめますよ。ということではないということが分かるでしょう。

しかし一般の人であれば、HD画質=綺麗に見れるという認識なので、間違いなくHD画質と宣伝すれば、その動画配信サービスに申込んでしまいますよね。

ビットレートの正体とは?実際にどういうことなのかを解説します。

ビットレートとは、1秒間に詰め込んでいる情報量だと考えれば良いと思いますが、動画の場合は、映像と音声の組み合わせなので、それぞれに振り分けられている状態。

なので動画のビットレートは、オーバルビットレート(総ビットレート)と呼ばれています。

オーバルビットレート=映像ビットレート+音声ビットレート

だからこのバランスが悪いと、画質は良いのに音声が悪いとか、音声は良いのに画質は悪いというアンバランスな映像になってしまいます。

ちなみに現時点で最強のビットレートを誇っているのが、Youtube(ユーチューブ)。

なぜYoutubeだけが最高のビットレートで動画を提供できるのかといえば、非常に太い回線を使用して動画を配信しているから。

もし一般的な動画配信サービスでYoutube並のビットレートで動画を配信したら、すぐに回線がパンクしてしまい、動画を視聴できなくなってしまうでしょう。

アップスケーリングで同じ動画でも画質が大きく変わる

アップスケーリングという技術は、映像の画面サイズをより大きなものに変換することで、解像度の低い映像を解像度の高い映像に変換する技術のこと。

例えば、従来のアナログテレビ放送のSD画質の映像を、ハイビジョンサイズのHD画質に拡張る技術のことで、ソニーのブラビアなどが採用している技術。

このアップスケーリングの技術を使わなければ、アナログ放送をHD画質で見ると、非常に画素が荒くなり、画質が低く満足度の低い状態に

しかし、アップスケーリングを行ってから動画配信を行うことで、元々は同じ映像であってもより綺麗に見ることができるということ。

SD画質をHD画質にすることは意味がありますが、元々HD画質のものであれば、そこまで変化はありませんので、アップスケーリング自体が不要になります。

動画配信サービス(VOD)で実際に画質が良いところは?

実際にどの動画配信サービスが、画質が良いのか?

この記事の途中でもお伝えしましたが、U-NEXT、Hulu、DMM、Netflixあたりは満足度の高い動画配信サービスでしょう。

ただ厳密な違いを知ろうとすれば、同じ映像機器を使用して、同じ映像の同じ場面(できれば同じ色が連続するシーン)を見比べるしかありません。

しかしそこまでしなくとも、U-NEXT、Hulu、DMM、Netflixの4つの中から選んでおけば、ある程度満足できますし、デバイスによる影響も受けるでしょう。

iPhone7やiPhone8であればディスプレイの画素数は、4.7インチで326p、5.5インチで401pはありますが、デバイスが変わればHD画質を再現できないことに。

このようにどのような環境で動画配信サービスを楽しむのかによっても異なりますので、視聴環境も考えてみると良いと思いますよ。

おすすめ動画配信サービス徹底比較ランキングを紹介!

これから動画配信サービスを契約する人に特にオススメなサイトを紹介、この3つの動画配信サービスならあなたの希望に合わせた動画視聴ができますし、満足度が高いと人気のものを厳選しています。

1位 U-NEXTなら新作映画がDVDと同じタイミングで視聴可能!

U-NEXTの公式サイトはこちら

U-NEXT(ユーネクスト)は月額1990円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題、さらに70以上の雑誌も読み放題のおまけ付き!PCやスマホ以外のデバイスにも対応し、120000以上もの動画が視聴できる本当に人気の動画配信サービス。毎月1200円分のポイントが付与されるので、新作映画もそれで視聴可能。初回限定の31日間のお試し期間もあるので、まずは無料視聴すると良いかも。新作映画を見たいなら、おすすめですよ!

>>U-NEXTの公式サイトはこちら

2位Huluなら全ての動画が見放題だから料金面の不安なし!

Huluの公式サイトはこちら

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題!初回限定の14日間のお試し期間もあるので、まずは無料視聴すると良いかも。PCやスマホ以外のデバイスにも対応し、コンビニ払いも可能なので本当に人気。最近は日テレ系の動画もどんどん追加されていますし、追加課金の心配もないので、安心して利用することができる動画配信サービスですよ。

>>Huluの公式サイトはこちら

3位 dTVは最もコスパの良い動画配信サービスで、国内No1の会員数!

dTVの公式サイトはこちら

dTVはドコモが運営している動画配信サービスで、月額500円(税抜)という破格の値段が一番のポイント。映画、ドラマ、アニメなどが見放題、さらに80以上の雑誌も読み放題のおまけ付き!国内での作品数・会員数 No.1の実績も話題の動画配信サービス。初回限定の31日間のお試し期間もあるので、まずは無料視聴すると良いかも。PCやスマホ以外のデバイスにも対応し、ドコモユーザー以外でも契約できますよ。少しでもお手軽に動画配信サービスを利用したい人に人気です。

>>dTVの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする